事前にふたりで相談しておきたいこと

自分たちの希望を実現するために

そのブライダル会場は、自分達のイメージを実現することが本当にできるのでしょうか?
まずは2人で用意することができる結婚資金やお互いの親に支援してもらう分などを合わせて大体の予算を決めておくと検討がしやすくなるといいます。
式場に用意されたウエディングプランの中から予算に合わせて選ぶという方法もありますが、オリジナルの演出をすることで自分たちだけの思い出深い結婚式にしたいと考えている人もいるでしょう。

ほとんどの会場は同じ日に複数組の結婚式が執り行われているといいます。
無理のないスケジュールになっているかを知るために1日に何組のカップルが式を挙げる予定になっているか、新郎新婦の控室は簡易的に仕切られたものではなく一部屋として独立しているかどうかについても確認しておくといいでしょう。

ゲストに対して十分なおもてなしができるか

自分達がイメージしている結婚式を実現させることも大切ですが、ゲストの立場になって会場を選ぶということも大切なことです。
最寄り駅からの距離や送迎バスの有無、また充分な広さの駐車場が備わっているかどうかなどはブライダル会場選びの重要なポイントとなります。
遠方からお越しいただくゲストがいるのなら宿泊施設と提携しているような会場を選んでおいた方がいいですし、車椅子を利用している方やお子さん連れの方がいる場合にはバリアフリーだったり多目的トイレが完備されているような会場がいいでしょう。

現地に着いてから着付けやヘアセットがしたいというゲストの希望を叶えるためのサロンや待合室はあるか、建物内での移動はスムーズにできるかなどによってゲストの満足度は大きく変わります。
その後のお付き合いに影響してしまうこともあるといいますから注意しておいた方がいいでしょう。