結婚式にかかる費用について

初期見積もりとは?

ブライダルフェアの際に式場側から提示される初期見積もりにはどういった費用が含まれているのでしょうか?
初期見積もりとして提示される料金に含まれているのは最低ランクのプランであることが一般的であり、演出を追加した場合や自分達で用意したものを使用する場合などに料金が発生してしまうといいます。
あとになって費用がかさんでしまうことのないようにするためにも招待客の人数を多めに見積もっておくというのもいいでしょう。

ブライダル会場を回っていると当日成約特典というものを目にすることがあるかもしれませんが、ここで注意が必要なのは成約の際には5~20万円ほどの内金が必要になるということです。
もし後日何らかの事情でキャンセルすることになったとしても、内金が返金されることはないというからです。

見積額が出たら早めに話し合おう!

実際にブライダル会場の下見をしてきたら、できるだけ早くふたりで話し合っておくことをおすすめします。
複数のブライダル会場を続けて見てしまうと、どんどん記憶が曖昧になっていって的確な判断をすることができなくなってしまう恐れがあります。
1件ごとにメリット・デメリットをまとめ、比較していくようにすると効率的にブライダル会場を選んでいくことができるのです。
たとえば仮契約は可能かどうか、支払いのタイミングや支払い方法はどうなっているのか、最初から最後まで同じウエディングプランナーに担当してもらえるのかどうかなども重要になってきますので比較対象としてみるといいかもしれません。

そしてふたりで話し合った結果、疑問点などが出てきたら本契約を交わすまでにきちんと解消しておくようにしましょう。